2006年10月28日

介護施設への不信感

以前からちょっと気になってることがありまして…

思うところををブチまけたいと思います。

ちょっと長くなりますんで、めんどくさい人はパスしてください。


記事にしようと思ったきっかけは

ふみさんという方のブログのこの記事

『ボケボケおばあと暮らす』

ふみさんは90歳になられる認知症の伯母様と暮らしてらっしゃいます。

その伯母様がショートステイを利用した際に不審な点があったと言う記事です。



ここから僕の頭の中。

この記事を見て僕が思ったのは…
      


「やっぱりこう感じることってあるよね…。」 

ここで注意して欲しいのは『こういうことってある』じゃなくて

『こう感じること』があるよねってこと。

真実がどうなのかは関係なく。


デイでもショートでも介護施設って中の様子は外からはわからないんだよね。

殆どそうじゃないかな?

報告書とか手帳なんかはあるんだけど、書いてあることなんて

「お変わりなく過ごされました。」とか

「穏やかに過ごされました。」とかばっかりじゃない?

まぁ、何もなけりゃそれはそれでいいんだけど、

実際にどんな対応してるかなんて、さっぱりわかんない。

本人に聞いてもわかるはずもないし…。

これじゃあ疑問に感じてもフシギじゃないでしょ。

ましてや、ふみさんのように現実に何かあったら?

そりゃ心穏やかではいられないよ。


じゃ、そんな時どうする?

すぐに、はっきりと言える人って少ないんじゃないかな?

結構、遠慮しちゃうでしょ。

「言ったら気まずくなんないかな?」とか

「今後、扱いが悪くなったりしないかな?」とか

「忙しいんだろうし、ちょっとしたミスかな?」とかね。

確かに。そう思う。


だけど、僕だったら聞いちゃう。

気分悪いのイヤだもん、自分が。

もとより、「ここがダメなら他にもあるさ〜。」ってつもりだったし。

それにガマンするの苦手な性質だし、こういうの。


実は、ふみさんの記事への僕のコメント…

最初は上記のようにしようと思ったんだけど…

人様のブログに自分の意見言うの、遠慮というか…やめちゃった。

アレコレ考えちゃって、当たり障りのないように書き込んじゃった…。

結構、気が小さいんです……


でも、よくよく考えてみたら、介護サービスって

『サービス』ってくらいだからサービス業だよね。

で、こっちはお金払ってるお客さん。

お客さんが「おかしいな?」と思ったことをズバッと言って何が悪い?

金払ってんだぞ!って言ってんじゃないよ。

疑問に思うところ、わからないところは

お互い、協力して解消していきましょうってこと。

だから施設からも、もっとこっちに言ってもらった方がいいなって思う。


介護とか医療って、受ける側が『下』に感じてるとこってあるでしょ。

『介護してもらってるんだから…』

『預かってもらってるんだから…』

『看てもらってるんだから…』って。

でもそれっておかしいよね。

こういう事こそお互いが対等でなきゃいけないのに。

良いコミュニケーションがとれなきゃ良い介護・良い医療なんてできないもん。



とは言っても現実は、ひとりひとりに完璧な対応なんて厳しいでしょうね。

でも、何とかしようとすることはできるよね。

こちらから意見を言うってこともその一つなんじゃないかな、と思う。

文句ばっかり言うんじゃないよ。

ちゃんとした『意見』ね、『意見』

そしたら、殆どの場合、解決できるんじゃないかなぁ?

簡単ではなくとも…


もしもきちんと対応されなかったり、ちゃんとした『答え』がなかったら?

そんなところは『斬って』しまえ!


大丈夫!

介護施設は他にもあるよ!

みんな結構『Welcome』だよ!!

よろこんで「いらっしゃ〜い!」って言ってくれるよ! 

………たぶん



僕も含めて

介護してる人のブログって結構多いのね。

その人たちみんながね、

記事一つ分でいいから

施設や、特に行政にね『意見』を言うの。

そしたら、結構面白い事になるんじゃないかなって…


日本人はおとなし過ぎるからね。

何にも言わなくて……気がついたら「あれっ?」って事に…

今の日本、そんな感じしない?

子供が小さいから余計に心配…。

でも、あんまり黙ったままでいると……

戦争するよ…この国…

ヤリたがってるヤツ等がいる……僕にはそう見える。


気がついたら……

そうなる前に、もっとイマジネーション働かせて

もっと声に出したほうがいいよ。

僕自身も。









最後まで読んでくれた方……います?


あ、いた!

長々と勝手な意見にお付き合い下さり、ありがとうございました!








またエラソーなこと言っちゃった。

時々“毒”を吐かないと…

溜まっちゃって溜まっちゃって……


         


ブログランキング参加しています

ばぁちゃんを応援してください!

人気blogランキングへ

ばぁと家族に愛のクリックお願いします!



posted by 僕 at 00:37 | Comment(2) | TrackBack(2) | 介護
この記事へのコメント
はい、全部読ませていただきました。
おっしゃるとおりです。
疑問はそのままにせず声に出したほうがいいです。
言わなくちゃ、伝わらないですものね。
伝えたことによって、こちらの思いに気づいて次なる関係(?)に進展しますよね。

ありがとうございました。
Posted by ふみ at 2006年10月29日 21:46
こちらこそありがとうございました。

介護施設が『預かってもらえるところ』ではなく、より良い介護の為の『パートナー』になるといいですね。

その為にも、お互いの意思の疎通は必要ですもんね。


でも、肝心の『あの人』との意思の疎通は……


Posted by 僕 at 2006年10月30日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26298927

お年寄りの食事
Excerpt:  お年寄りの食事  お年寄りも、ひとりベッドでの食事は味気ないものです。家族と同じ物が食べられる場合は、出来るだけ食卓についてもらうようにしましょ..
Weblog: 介護用品・福祉用具の「介護の森」
Tracked: 2006-10-29 14:06

大人の塗り絵
Excerpt: 「脳の活性化」ブーム 大人のぬり絵本が出版ラッシュ                            (朝日新聞 2006年03月23日) 大人の塗り絵  大人向けのぬり絵本が、続々と..
Weblog: 介護用品・福祉用具の「介護の森」
Tracked: 2006-10-30 12:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。